≡≡≡ (。・ω・)ノ㌦ァァァ!!               さちこ海賊団参上☆

BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 12月のアップデートに備えて楽しい海賊ライフを妄想しようBLOGTOP » 大航海時代 » TITLE … 12月のアップデートに備えて楽しい海賊ライフを妄想しよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月のアップデートに備えて楽しい海賊ライフを妄想しよう

本日の執筆:マサヤ

最近忙しくて地味~にしかinできていなかったこともあり
南米で長らく陸戦篭りをしていたマサヤです。

ひょんなことから新型のセブンPCが我が家にやってきたので
そろそろ海賊に復帰しようかと考えてる今日この頃です。
めっさPCの反応が早くなってウキウキしております。

というか昔のPCでよく海戦できてたな・・
という程に動きがダンチです。
具体的に言うとガンダムとνガンダムくらいに違いますな。伊達じゃないです。
たまには海戦とかBCもやろうかなぁ。

今日は、12月からの海賊ライフを妄想します。続きをぽちっとな。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

<本日のテーマ>
[12月のアップデートに備えて楽しい海賊ライフを妄想しよう]
以前も似たようなテーマで書いたような。。
ということで今回は前回より観点を広げて妄想してみましょう。

■ レベルキャップ解除
新型船 + レベルキャップ解除 = 上位高速船の登場
 
ついに運営よりレベルキャップの解除が告知されました。
これは・・大型クリッパーを超える速度の船がいずれ登場しますね。
外洋航行が主体の昨今、高速艦での選択肢が多くなるのは嬉しい限りです。

新型高速船は最高速度の上昇が予測できますが、
海賊船にはそれ以外の要素も多く必要なので
船首砲の有無、加速、旋回、船員数など・・
海賊船にはおおよそ向かないなんて場合も十分考えられます。
いずれにしろ普及までに少なからず時間を要すハズなので
まだまだ、大型クリッパー海賊の期間は続きそうですね。

■南蛮交易と中華航路
日本実装での一攫千金要素で
最短航路のバロメータ「中華航路」の流れも気になるところです。
結局のところ交易のバランスとしては「アンボイナの安定交易より多少魅力がある」
くらいが丁度いいのかもしれませんね。
中華の航路は相変わらずボイナっぽいと妄想しておりますが。

■甲板戦の実装
今回の洋上戦アップデートの目玉?となる要素です。
恐らく地味にPC海賊には下方修正となる懸念が大きいです。

・甲板戦になったら
「旗艦同士の接舷」という発生条件上、海賊側は準備を怠るわけにはいきません。
装備やスキルを整えているであろう海賊側は「相手の人数が多いかも」という点を除いて
概ね戦闘そのものは有利に進められることでしょう。
陸戦用の装備についてですが、武器3すくみはアップ後も有効と思われるので
基本的には銃装備が有効と思われます。
相手装備が近距離主体が多いと予測できるためです(無装備、冒険ブーストなど含む)
ただ、入手が容易なカラバイン銃だと威力が心もとないのが欠点ではありますが。
新陸戦システムの「特技」次第といったところでしょうか。
「足を狙撃」で一定時間鈍足とかそういうのを妄想してます。

・甲板戦を避ける
今まで通りの海賊家業をしようとした場合、甲板戦が頻発すると収入が望めないように思えます。
そもそも甲板戦自体を避ける手段を妄想してみましょう。
といっても今の情報では「複アカの僚艦のみを狙う」くらいしか明確な回避手段が無いですね。
・「混乱中の場合絶対発生しない」
・そもそもランダムや接舷時に必ず発生するのではなく「白兵戦コマンド選択形式で発生」
こんな感じの落としどころが絶対必要だと思ってますが、蓋を開けてみないと判りませんねぇ。
※「混乱中に発生しない」なんて場合は、炸裂弾が日の目を見るので楽しそうです。

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。