≡≡≡ (。・ω・)ノ㌦ァァァ!!               さちこ海賊団参上☆

BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 三日坊主のさちこと陸戦修行BLOGTOP » 大航海時代 » TITLE … 三日坊主のさちこと陸戦修行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三日坊主のさちこと陸戦修行

本日の執筆:マサヤ

ブログを更新しない三日坊主さちこ・・
たまにはマサヤが書いてみます。

さぁて、そろそろ陸戦テクニック技巧ランクを本腰で上げようかな!
と思い立ったマサヤです。
現状の陸戦仕様を踏まえ、事前準備を整えたので
ちと陸戦について考察しておこうかと思います。


書いてるうちに長くなりましたが
読みたい方は続きからどぞー

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

■今更ながらの陸戦考察

DOLに新システムの陸戦が導入され、大分経ちました。
話題について今更なのは休止のせいですな。

新陸戦に合わせ、甲板戦の導入があるも
対人要素としては「海賊目的」の要素を除き、現状は完全にプレイヤーにそっぽを向かれています。
決闘についても、「投げ縄」を始め未だ対人レギュレーションは調整不足の感がありますね。

そして・・導入当初より、ほぼ放置される謎仕様
(1) テクニック忘却不可
(2) テクニック表示枠が「罠/商品/武器」で共有
※正直、この仕様を練り直すだけでかなりバランスは良くなるように思います。

・ (1)について
このいわば「覚え損」仕様はどういう構想で初期実装しているのか良く解りません。
「テクニック数に応じて、再配布時間減少」という修正こそ掛かりましたが、
「習得テクニック種が増える⇒特定テクニックの配布確率減少」というジレンマの根本解決にはなりません。
特にテクニック技巧熟練を稼ぐ際の効率低下を招く点は、仕様としてどうなんだ。
忘却できないなら、デッキ制にする方法だってあるし、現状は新テクを覚えたときのデメリットが大きすぎる。
「モード特化指南書」をシステムに組み込むなら別の手段もあっただろうに・・

・ (2)について
「罠スキルは罠」と俗に呼ばれてしまってる点です。
配布のランダム性は、武器系統のみならず、罠、商品知識にも適用され、
高効果の指南書を装備しないと、特定テクニック技巧熟練もロクに稼げなくなってしまう罠です。
この点は「職種」にて表示傾向があるものの、根本的にテクニック「覚え損」の傾向は変わりません。
使用時に制限を掛かればよいだけで、系統別の別枠表示もできたはず・・。
選択幅により、戦略性も広がるしシステム的に二重に損をしている気がする。

昔のブログ記事の妄想から考えると、随分と残念仕様である・・

■キャラクター育成方針
以上の仕様を踏まえると育成方針も見えてきます。

①テクニック表示間隔のために、全ての武器系統テクニックLv1を最初に覚える。
 ただし、特定武器1点だけ見た場合、クイックならクイックだけ表示されれば最高効率のため、
 育成方によっては全開放は一概に良いとは言えない。(ちなみにマサヤは全開放しました)

②武器テクニックを高チェインさせる
 ここが一番の思案しどころに思えます。ポイントは以下3点。
 ・同属性のテクニックをより多く、最速で表示させる。
 ・テクニック個々の攻撃力は最低ラインを保つ
 ・多人数PT
※テクニック表示速度は目をつぶるとすると
 最適解は「攻撃力最低の特定テク1つだけ表示される状態」「多人数」という事になります。
 全ての条件を比較的ラクに満たすには・・・ あぁ体験アカウントをサブキャラに使う方法があるべ。(後述)

③罠、商品知識に手を出す。
 満足いくまで武器系統のテクニックを覚えた後は、罠や商品知識を覚えるのも良いでしょう。
 ここまでくれば、支援キャラクターは不要になります。
 ただ、現状の対人仕様だと、系統の有用性が出るまで相当掛かりそう。

■体験アカウントの陸戦への利用
テクニックを覚えてしまうと忘却できない・・
そんな仕様上、インスタントな体験アカウントを支援用に作ってみようという結論に至る。
課金しなくて良い範囲なので制限が色々掛かるのだが・・
こと陸戦支援だけの点では、課金せずとも事足りる気がする。
入港許可が出ていない海域でも上陸地点については入れる点はポイント。
良い子は真似しないほうがいいかもしれない。

必須環境:複数PC環境、DOL多重起動可能なら尚良いと思われる。

・準備編
 新しいキャラクターを何人か用意しましょう。(課金アカでももちろん良い)
 1) 航海者養成学校やメインキャラのお金などで、総合レベル40程度まで育成 (HPに直結)
2) ブレストプレート、モリオンヘルムなど縛りの緩い最低限の装備を整える (防御力)
※ちなみにプレートアーマー、クロスヘルムまでなら、やろうと思えばいけます。
 3) 武器3種に属性テクニックそれぞれ一つずつ覚えさせる (100%狙ったテクニックしか出ない状態を作る)

・実戦編
 Lv40~50程度の敵を相手に技巧経験を稼ぎます。
1) 複数人の痺れ薬でテクニック表示時間を稼ぐ⇒陶酔の酒
2) サブキャラクターのテクニック一斉射 
3) メインキャラクターで止めを刺す

・メリット/デメリット
メリット: PT募集不要。高価なモード指南書不要。ソロ延長のため狩場が限定されない。
デメリット:サブキャラクター育成が手間(見合った効果はある)。操作が忙しい。
      レアアイテムがサブキャラクター側で出たら泣くしかない。

※結論:意外にいけるで、この方法。
3人位サブを並べると場所によっては100近い技巧熟練がポンポン稼げます。


*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。